« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

ヤクルトレディ(続き)

ヤクルトレディの続報です(笑)。

ローカルスタッフに聞いてみました。
 ・ヤクルトレディから道でヤクルト買えるの?
 ・買えますよ!
 ・エエっ、そんな道中で現金商売なんて、危なくないのん?
 ・ぶらじぅの強盗は(クスリ打ってラリって無い限り)ジェントルマン(!)なので、パートで頑張って稼いでいるヤクルトレディーなんて襲わないです

ジェントルマンかどうかはわかりませんが(爆)、何となくわかる気がします。要は、お金持ってそーなヤツが基本は狙われるわけですね。ちゅうことは普段何を気をつけたらエエか、大体想像つきますよね~。

というわけで、こんなことがみょーーに納得できるなんて、きっと7ヶ月間も生活してきた成果なんでしょう(爆)。

|

食べるために働く? 働くために食べる?

何かで読んだ、日本人とぶらじぅ人の違い。あなたはどちらですか?

私は???? あーぁ?!(爆) ・・・・って、
フツー、そーやろ(-.-)? ・・・・・って、ヒトによってフツーって違うもんね。気をつけないとね(爆)。

|

ヤクルト♪

こちらぶらじぅではフツーに「ヤクルト」が売ってます。これも日系人の努力の賜物かな?!
スーパーに売ってるし、サンパウロ市内では「ヤクルトレディー」も歩いています。1度見かけました。そう言えば、TVCMもあったな。ヤクルトレディーからヤクルトを受け取ってるシーンがありました。

でも、いきなり現金商売はせーへんやろーなー。。。どーなんやろ??

あと、子供のドリルみたいなヤツで、アルファベットを紹介するとき、「Y」から始まる単語が少ないから、「ヤクルトのY」って書いてあった、という話を聞いたことがあります。。。。

と、ここで手元のポ語の辞書を見てみると、「Y」のページ、

y
yachting ヨット
yen 円

この3つしか載ってませんでした。。。。そら、ヤクルトが登場してもおかしくないでしょーねー!

|

ステッカー集め(笑)

サッカーネタ、続きます。
ワールドカップが近づいてきて、ぶらじぅ人、かなりそわそわしてきました(爆)。街には黄色に緑色のユニフォーム色したTシャツがあちこちに出没してきています。TVのCMもかなりサッカー色が強くなってきました。

そんな中、大人にも子供にも人気なのが、「ステッカー集め」。雑誌のよーな台紙?に、600枚以上のステッカーを貼るところがあり、そこに買ってきたステッカーをどんどん貼っていく、というモノです。全て揃うと綺麗なアルバムの出来上がり♪です。

その台紙は、新聞のオマケで付いていたそーです。が、R$5くらいで買うこともできるらしい。
で、600枚のステッカーとは、出場国の国旗やらユニフォームやら、出場予定選手(各国15人くらい)やら、会場となるスタジアムの写真やら、何やらかんやらと、なっています。で、そのステッカー、街角のバンカ(新聞スタンド)で、5枚組み1セット=R$0.75≒37.5円で売ってます。ローカルスタッフが数人、毎日10セットほど買っては、午後のひととき、ステッカー貼りに精を出しています(笑)。子供達は学校で重なったステッカーを交換し合っては盛り上がってるらしいです。・・・って、子供も大人も同じことをしてるんでしょう(爆)。

で、昨日の新聞によると、そのステッカー製造会社を出発したトラックが強盗にあったとか・・・・(爆)。きっと、お宝ステッカーがあって、高値で売れるんでしょうね?!今後は、ステッカーを売っているバンカに強盗が襲う可能性があるので注意が必要とのこと(苦笑)。

それにしても、こーゆー「コレクション」は、ぶらじぅ人も好きなんですねー♪
なんだか、ほのぼのぉ~です(笑)。

|

コリンチャンズファン、サンパウロの負けを喜ぶ(爆)

サッカーに興味の無いヒトには訳わからんことですが、さすがサッカー王国ぶらじぅ、地元のチームの試合がある時はすぐわかります(苦笑)。花火が上がったり、ごっつい歓声が近所中に響いたり。。。。

で、最近いちばん盛り上がるのんが、「サンパウロFCが点を入れられた時、サンパウロFCが負けた時」です。これは何かというと、熱烈なコリンチャンズのファンが喜んでいる、っちゅうわけです。

コリンチャンズもサンパウロもサンパウロが地元のチームです。両者とも熱烈なファンが居ます。で、お互い、サンパウロが「オカマ」と呼ばれ、コリンチャンズが確か「野暮ったい」と呼ばれ、お互い罵り合っています。が、サンパウロファンはオカマと呼ばれるだけあって?大人しいのに対し、コリンチャンズファンは「やかましい」です。で、最近はサンパウロが20チーム中2位や3位に入るのに対し、コリンチャンズは5位から10位くらいと、少し低迷気味。なので、憂さ晴らしに、サンパウロが決勝とかで負けると、コリンチャンズファンはもう大騒ぎです(爆)。

例えて言うと、阪神も巨人も大阪のチームで、巨人が負けたら阪神ファンが大喜びで酒を飲む♪ってカンジでしょうか?(笑)


|

お見舞い

久々に?初物続きです。

先日、ローカルスタッフのお見舞いに行くことになり、こちらに来てから初めて「病院にお見舞いに行く」という体験をしてきました。
そのローカルは以前の怪我→手術の失敗から、ずっと松葉杖を使っているのですが、今回の手術がうまく行けば、松葉杖無しにあるけるようになるかも?という手術を受けたとのことです。入院1週間、車椅子生活3ヶ月、それから更にリハビリ3ヶ月、と長期戦の始まりです。。。。頑張って欲しいです!

で、その入院先の病院、日本の大病院とほぼ同じでした。建物のつくり、部屋のつくり、雰囲気、におい、壁や床の色、足音、、、、ホンマに同じでした。ただ唯一違うのんが?入館時に入館証を発行してもらうことでしょうか? 日本ではあまりそこまでチェックしませんよね?たぶん。 ただ、ここぶらじぅではどんなトコロでも?建物に入るときにはセキュリティのために必ずIDチェックがあります。(先日のクラブ見学でもそうでした。) この病院の場合、入館証が印刷されて、胸につけてください、とのこと。

と、ここまではどこの建物でもありがちなのです。が、ここから少し様子が違いました。わてら、先行隊として4人でタクシーで行き、後発隊4人は地下鉄で移動でした。で、わてら4人が順々に見舞いを終えて外に出て、自分の入館証(もちろん名前入り)を後発隊に渡して、後発隊メンバーが入れ替わりでお見舞いに行く・・・・ということをしました。患者さん1人に対して見舞い客は4人まで、と決まっているから、とのこと。

4人までっていうのんは納得いく対応なのでエエんですが、その入館証を使いまわすって、一体?!ですよね。

さすが、ぶらじぅ。セキュリティーに厳しくしているよーで、片や融通利きまくるから、意味無いがなっ!ってこと、ここでも出ました(笑)!

|

日伯髪の毛伸び率差(笑)

日本に居てる時もそうですが、どーもヒトよりも髪の毛が伸びるのんが早いよーな気がします。。。だからと言って、髪がフサフサぁ~なわけではありませんが(苦笑)。。。。なので、頻繁に散髪に行く羽目になります。。。で、いつもの美容院に行くと、「早く伸びますねぇ~」と驚かれます。

・「さすが日本人ですね~。」
・「へっ?」
・「他のお客さんもそうなんですけど、ぶらじぅ人より日本人の方が絶対に髪伸びるの、早いです」
・「あっ、そーなんや?なんでやろねー?」
・「なんででしょーねー?」

ほのぼのぉ~とした会話です。これ以上は特に続きませんが(笑)。

|

クラブ見学(その2)

さて、今回見学に行ったのは自宅から車で空いてると5分、混んでると30分かかるところにあります(苦笑)。 周囲は住宅街で、入り口も狭く、「こんなところにクラブがあったんや?」てなカンジです。メインはテニスというそのクラブ、設立してもう85年になるそーです。

で、中に入ってみると、びっくり!周囲の雰囲気とは全く違い、「めっちゃ広い」です。屋外テニスコート5面にスカッシュ2面、屋外プール2面(25Mx8コースと水遊び用←でもめっちゃ広い)、体育館1つに小劇場1つ、(故障中やったけど)ボウリング2レーンに卓球台2台、男女各サウナに美容室、レストランやバールが計4ヶ所。結婚披露宴もできるホール1つ。それにフツーのジムあり、レッスンスタジオ複数あり、等々。。。。これらが日本みたいにひとつの建物の中にあったりするのではなく、それぞれ独立した建物で(って、単に建て増しただけ? 笑)、屋外をプラプラと散歩しながら移動します。 まるで遊園地のよーです(笑)。

写真が撮れなかったのが残念ですが、確かにこれは「倶楽部」ですね!お金と時間があれば、1日中遊んでられます。(さすがに建物はかなり老朽化が進んでましたが。。。。)

で、お値段は入会金5万円、月会費9千円強。ということで、別に払えます。ただ問題なのは「時間」。。。。やっぱり、勤め人はこーゆートコロでは十分に遊べませんね。 例えば、屋外プールは日没と共に閉鎖されるし、テニスコートは予約できずにパブリックコートのように順番待ちするしかないとのこと。これでは使い切れませんね。。。。

というわけで、とても残念ですが、見学だけ終えて帰ってきました。でも、なかなか楽しかったです。そのローカルも楽しかったようで「他のクラブも今度見学に行きましょうか?」って言うてました(笑)。 さすが大都会サンパウロ、何でもあるよーです!

|

クラブ見学(その1)

7ヶ月も経とうとしているということは、日常、色々な面でマンネリ化し始めていることは否めません。そんな中、久々の初物?です。それは「クラブ見学」です。

ここで、「クラブ」について説明します。いわゆる「ディスコ」ではありません(^_^;)。まあその「クラブ」もあるんでしょーが、わては興味無いのでパス。ここで言うクラブとは「スポーツクラブ」です。

ただ、ぶらじぅのスポーツクラブは日本のんとは違った特徴があります。いちばん大きな違いはほとんどのスポーツ競技が「クラブ」で成り立っている、ということです。
例えば、日本の野球は親会社がオーナーですよね。オリンピック競技みたいなモノは皆、どこぞの会社に所属してたり、プロやとしてもどこぞの会社にスポンサーになってもらったりしてますよね。国内のチームの所属はほとんどが「会社」単位です。
ところが、ぶらじぅではこれらすべて「クラブ」単位なんですねー。だから有名なサッカーチームも実はすべて「クラブ」です。クラブによって、サッカーが強いところもあれば、バレーが強いとこ、特に何も強くなく日本のスポーツクラブのような小さいとこ、等々があるわけです。

で、今回、新たなテニスコートを探し求め、ローカルスタッフとクラブに見学に行くことにしました(^。^)

*予定外ですが(^_^;)、なんか長くなったので、明日に続く。

|

競馬場

先日のレース、Jockey Club=競馬場で開催されました(^。^)。まだ競馬には行ったことが無いのですが、折角なので写真をいくつか撮りました。忘れないウチに公開しまふ(^^)/

*よー考えたら、レース中に立ち止まって写真撮ったりしてたせいやん。目標タイムより遅れたのはっ(-"-)!
2010_0418_191851sany0002 緑の芝生がキレイですね(^^)/ 競馬場の向こうは大きな川があり、その先の高層ビル群が美しく見えます。
2010_0418_191911sany0003一般席と思われる客席側。グローバルスタンダードですね(^。^)
2010_0418_192846sany0010 客席側から見た景色。朝陽がガンガン照ってたのですが、ナイター競馬も良いかも?ですね!
2010_0418_194049sany0014 ターフ内を走りたくなりますね~(^。^)

今回のレースは競馬場周辺を走るコースでした。そう言えば、京都競馬場では年1回、ターフを走る駅伝イベントがあるんですよねー。ちゃんとアナウンスもしてくれるらしい。一度出てみたいイベントです(^^)/

|

ミラー代。。

会社の運転手のおっちゃんにミラーの交換に行ってもらいました。
R$85≒4,250円でした。膿み出し?としてはお安いですね!(立ち直り早い?)

で、駐禁切符の件、総務のおっちゃんに聞きました。

しばらくしたらわて宛てに郵便が来ます。「あんたがやったんやな?」用紙にサインして送り返します。すると、「はい、罰金R$xxx払え!」用紙が送られてきて、罰金を支払う、という段取りだそうです。リードタイムも含め、どんなカンジで進捗するか? 逐一お伝えしたいと思いまふ(爆)。

|

ガーンガーン(-_-;)(-_-;)

土曜日は駐禁キップを切られて散々でしたが(^_^;)日曜日は気を取り直してレースへGo!そしたら、行く途中で駐車中のトラックにサイドミラーが当たったよーで、しかも当たり方が 良かったのか悪かったのか?ミラーがスッポリと外れてしまいました(-_-;)

慌てて車を停め、トラックの運ちゃん(運転席に座ってた)のところへ行ってみると、特に下りてくる様子なし。で、ミラーを(横山やすしのよーに?)探すと、「あっちあっち」とその運ちゃん、教えてくれました。どーも自分の車で踏みつけたよーで、ミラーボロボロです(涙)。でもこれから出かけるのでとにかく急がなくっちゃ!と思ってミラーを何とか取りつけ、トラックを見てみると、相変わらず運ちゃん出てきません。

エエんかいな(-.-)?ちゅうことで?、「ほなぁ、ちゃお~」と親指を立てて(←「OK!」のサイン)立ち去りました。ホンマに良かったんかな?(爆)。まあ、トラックからしたら触れたか触れなかったか、程度でしょうが。。。。

それにしても2日続きで車関係、やってしまいました。これは何かの暗示なんでしょうね。ぶらじぅ生活もそろそろ7ヶ月になろうとしています。ちゃんと「初心に帰って?気ぃつけやー!」という有難い暗示だと思います。

ケガが無かっただけ儲けもの(^^)/と思って、これからは改めて気を引き締めて生活していきたいと思います。

記念に写真撮っときました。(洗車しろってな。。。。(^_^;))
2010_0418_205221sany0021

|

ガーン(-_-;)

あーあ、やってまいました。駐禁(^_^;)。
日曜のレースに備え、土曜の午前中に競馬場へKitを取りに行きました。ほなら長蛇の列でおそらく1時間くらい待ったでしょうか?やっとKitを手に入れて車に戻ったら、何やら黄色い紙が・・・・・あーぁ、これが駐禁のキップなのね。。悔しいから?写真載せます(爆)。
2010_0418_012143sany0001
写真ではわかりにくいけど、黄色の紙です。
前後に駐車してる車があるから大丈夫やろう、と思ったのが間違いでした。前後多くの車がキップ切られてました(-_-;)。
これを見る限り、罰金がいくらかわかりません。また、罰金とともに点数も引かれて、一定の点数が引かれると免停とかになる、という仕組みは日本と同じです。こちらでは運転できひんかったら極端な話、生死に関わるので(爆)、注意が必要です。

一体どうなることやら、週明けに会社の総務のおっちゃんに聞くしかありません。顛末はまた改めて。。。。

|

ランニング大会日伯差(イントロ)

お陰さまで数々のランニング大会に申し込みして、キット(ゼッケンや参加賞)をもらって、大会に出場して、無事に帰る、ということが自分でできるようになりました。ポ語能力と比較すると、何でここまで自分ひとりでできるねん?!っていうくらい、フツーにできるようになりました(笑)。やっぱり、自分が興味を持っていることって、頑張ってできるよーになるんですね♪我ながら驚きです(爆)。てか、一言も話さなくても全て用事は済む、という点がいちばん大きいでしょう(汗)。

さて、これがフツーになってくる前に?、色々と気がついたランニング大会における日本とぶらじぅとの違いを今後何度か不定期連載?したいと思います。

|

本日のポ語

日本語の「おんぶ」という単語、元々ポ語から来たとのウワサです。「Ombro」で「肩」です。他にもポ語由来の日本語を教わったのですが・・・・。追々思い出そうと思いまふ(爆)。

 で、その「おんぶ」、意外なところで出てきました。先日出張先でプレゼンを聞いていたら「OJT:On the Job Training」が「おんぶ to おんぶ」って書いてありました。

確かに絵的に「肩to肩」ですね!(笑)

|

超高級スーパー

 スーパーにも格がありますよねぇ。ここぶらじぅでもそうです。てか、ぶらじぅの格差は日本よりも大きいと思います。先日、初めて「超」高級スーパーに行ってきました。

そこでは、先ず高級レストランのように店の前で車を停めると、駐車場係りのおっちゃんが車を駐車場に運んでくれます。いきなり高級感丸出しです(笑)。

ほんで、店内のレストランで週末ランチブッフェを楽しみます。さすがに超高級スーパー。客層がお金持ちっぽいです!スーパーのレストランやと言うのに予約がかなり入ってます!
で、食事もおいしーものばっかりです♪ ほんでもってワインが常時48種類あって、グラスで30,60,90ML単位でオーダーできます。 ちゅうことは、ワインを色々と試飲しながら食事を楽しみ、ほんで気に入ったワインがあったら買って帰る。こんな使い方がこのスーパーの狙いかも?です。

で、食後にスーパー店内をウロウロと徘徊。まあ、成城石井みたいなモンです。選ばれたモノ達が置いてあります。こんなところなので、もちろん値段は高いです!(特にワイン。。。)

でも、ブッフェがR$45≒2,250円。ワインが最低1杯R$8≒400円。なので、ワインを色々と飲みながら食事を楽しむことをメインに考えると、意外と安上がりで楽しめます♪

というわけで、何も買わずに帰りました(爆)。

|

ちゃんこ鍋

 寒いから、と言う訳ではありませんが、日本人の送別会に先日はちゃんこ鍋屋さんに行ってきました。元関取がやってる店との話です。 鍋も当然と言えば当然?で美味しかったですが、お惣菜も色々とあって、それらがとても日本の味~ってカンジでとても美味しかったです♪
もっと早くにこの店に行くべきだった(笑)?

|

本日のポ語

使うことって無いと思いますが。。。

直訳すると「中国人のネゴシエーション」という言い回しのポルトガル語。その意味は、「Good Job!」という意味だそうです。まあ、確かに中国のネゴって・・・・と思います。これを聞いたら中国人は怒るんやろか?それとも誇りに思うんやろか?(爆)

|

寒うっ。。

 先週は寒冷前線が通過したため、こちらは冷えてきました。日中は20度まで上がりますが最低気温は13度とか。部屋でじっとしていると寒いです。。。こんなとき、ぶらじぅ人は見事に服装で体温調節をします。すぐにでっかいセーターとかジャケットとかを着てきます。その対応力の素早さには目を瞠ります。日本ではそない気温変化しーひんし。。。

|

5週連ちゃん(苦笑)

 さすが都会のサンパウロ、マラソンレースはいっぱいあります。で、ついつい近所やから、と思って調子乗って申し込みしてたら、何と今週末から5週連続エントリーしてました(汗)。と言っても短距離が多いので負担はありません。場所もタクシー乗っても500~1000円の範囲内のところなのでOK♪参加賞Tシャツが楽しみです♪

4/11 ハーフ いつも走るUSPがメインコース
4/18 6K  サンパウロ競馬場!がメインコース
4/25 7K  イビラプエラ公園。 歩いてスタート地点に行けます
5/2 25K  「サンパウロ国際マラソン」のサブレース(さすがにフルは回避 笑)
5/9 10K  イビラプエラ公園。 歩いてスタート地点に行けます

これで4月は少なくとも34Kは走るな(爆)。
と思ったけど、4/11は雨の予報。雨中のレースはイヤやなあ。。。

|

後日談

その山のレースの主催者から、後日メールが届きました。
「先週末のレースでは、コースの誘導がうまくできず、多くの方がちゃんとゴールできずにたいへん申し訳ありませんでした。ついては今年主催する他のレースに1回無料で参加いただけるように手配しますので、何とか許してね」みたいな内容でした。

タダでもう一枚Tシャツがゲットできます♪
しっかし、ホンマにレースに出なくて良かったです。良い運の使い方をしてると自分自身で感心します(爆)。

|

道に迷いまくりの1日(復路)

だんだんと雨がきつくなってきて、帰り道もどんどん霧が濃くなります。なので、駐車場に戻るだけでも道に迷いました(苦笑)。わてはあまり道に迷わないのですが、今日は迷いまくりです。

でも、何とか無事に駐車場に戻り、おウチへ戻ることに。相変わらず霧は濃いです。。と、どーも道を間違えたよーです。。。高速道路に向かうつもりが、違う方向に進んでいることに気がつきました。。。しかし、元に戻るのんも困難です。で、方角的にはサンパウロの方向なので、そのまま突き進むことに。。。。

しっかし、長い道のりでした。そら高速で1時間くらいの道のりを下道で、しかも全く知らない土地で雨の中突き進んでいくわけですから、たいへん疲れました。
でも、奇跡的に生還できました!結果的には最短距離を進んだようでした。我ながらあっぱれです。(が、こんなところに運を使ってもエエんかいな?!)

帰宅したのんが19時。出かけている間の6時間の内訳は、運転4時間(うち、道に迷ってる時間3時間以上 笑)、現地で散歩+喫茶等2時間(うち、道に迷ってる時間20分以上 苦笑)でしょうか?(爆)。

というわけで、ある週末の1日の出来事でした。。。

|

出走せず

実は風邪気味だったので、雨が降ってきた時点でこの日の出走は諦めていました。なので参加賞Tシャツだけ貰って帰ろう!とした次第です。雨で暗くなるのんが早いし、危険度は増しています。スタート地点付近の道も「石畳」になっていて、雨で濡れて更に危険です。こんな時はあっさりと出走取りやめに限ります。
というわけで目論見通り、Tシャツをしっかりとゲットし、付近を少し散歩してみました。

この村はどうも観光地になっているようで、走るヒトだけでなく、団体で観光に来ているヒトもたくさんいました。汽車?電車?の終点になっていようで(帰ってから地図を改めて見て知った。。。)駅を(って、駅らしい駅は見当たらなかったのですが。。。)中心にこじんまりした村です。そこでケーキとコーヒーを楽しんで、レースのスタートを見て、帰ることにしました。

|

道に迷いまくりの1日(往路)

初めての道を行くのんはとても神経を使います。サンパウロってホンマに道が複雑で、しかも一方通行の道だらけなので、一旦行き過ぎてしまったら、元に戻るのんは至難の技です。

今回も最大の難関は市内で高速道路に入るまでの道のりです。この道のりは地図で事前に道を決めておいても決してその通りには行けないよーな複雑さです。というわけで、案の定、道に迷いました。が、そこは想定の範囲内。恐らく10分程度のロスで高速道路に入りました。
が、その高速道路で2つの誤算が。。。
1.事故渋滞
  車、思いっきり大破した上に逆さまにひっくり返ってました。あれでは死人出てるでしょう。。
2.工事で出口に辿り着けず
  工事のせいで車線が頻繁に変更されていて、出るべき出口で出れない方のレーンに居てる結果になりました。仕方なく通過していくと、ちょうどそういう時に料金所になるんですよね。。。ぶつぶつっ。約900円、無駄遣いしてしまいました。

料金所を通過してすぐに逆に向かう迂回路が出てきたので、時間的には大きな損害にならなかったのがせめてもの救いでした。

で、そこから目的地までは比較的容易な道なので、迷わずに目的地に到着。。。。なのですが、目的地に近づくごとに、「霧」が深くなってきます。。。。。雨も降ってきたせいなのですが、どうも湿地帯?なのでしょうか、異様に霧が濃いです・・・。

と、突然、駐車場エリアに到着。そこで車を置いて、7分ほど歩いたところに受付がある、とのことでした。何で会場まで車で行けないのか?と思ったら、石畳の急坂で、とても車では通れません!ってトコロを歩いていく必要がありました。

恐るべし?村です(笑)。

|

今度は山へ♪

1月に大浜でビーチでの10Kレースに出場した話は、ランナーなら誰も知ってる?「ランナーズ」誌に紹介されました♪ で、今回偶々見つけたのが山でのレース。海の次は山です♪ 日本でも30Kmとかの山岳レースに出てますが、もちろん通常の平地でのレースとは違い、「脚がガクガク」になります。が、そこがおもしろいトコロでもあります♪

てなわけで、どーもぶらじぅでもそんなレースがあるようなので申し込みしました。レースは土曜の午後4時から。12Kmと6Kmの2つのコースがあります。もちろん12Kmくらい走りたいところですが、何せどんなレースかわかりません。HPを見ると川に太ももくらいまで水に浸かってる写真とかあるし、もしかしてアドベンチャーレースか?それに夕方4時からって、山の中ではもう暗くなってしまいます。そんなトコロで道に迷ったら洒落になりません。ということで、初回ということでおとなしく6Kmコースを申し込みました。

ところでこちらサンパウロではとても道が複雑で、GPS(=カーナビ)が必須と言われています。ところが元々がアナログなわて、GPS無しで今のところ過ごしています。だって、すごく高い(10万円くらいする)し、そないに使わないしね。道に迷いながらじゃないと道も覚えないし。

今回の開催地は車で1時間超の道のりのところ。Paranapiacabaと言う「村」です。山のレースやもんね。地図を見ると、周囲は一帯「山」のようです。

グーグルマップをテキトーに印刷し、サンパウロを13時前に出発です!

|

やっぱり辞めていくのね。。。

欧米では転職は日常茶飯事。日系企業とは言え、クビ切りもあります。

エゲレス時代、仲良くしてくれてたおっちゃんがある日、突然クビになって、通告されたそのままの状態で席に一度も戻らずに去っていきました。こんなこともあるねんなあ、と驚いたものです。そのおっちゃんとはそれからも仲良くさせてもらっていましたが。。。。

さて、こちらぶらじぅではどうか?やっぱりあります。これも仲良くなったおっちゃんがクビ。そして仲の良い別のおっちゃんは転職決定。仲良しのべっぴんのお姉ちゃんは(ふたりも!)転職。。。何でこうも仲良くなったヒトばかり会社を去っていくのでしょうか??むむむっ。。。

というわけで、やっぱりぶらじぅは「欧米」です(笑)。

|

意外な一面?

ぶらじぅと言えばボサノバ!と思われる方もいらっしゃると思います。でも、残念ながらこちらぶらじぅではボサノバは「ほぼ死んでます。。。」と言われています。もちろん、CDとかも売ってますが、MPBと呼ばれるぶらじぅポップスが盛況で、ボサノバは押される一方です。ちょっとしたCDならぶらじぅではなかなか手に入らなくて、日本の方が手に入る、とも聞いたことがあります。

そんなボサノバですが、もちろんわてはこちらで聞きまくっています。って、あまり歌詞までチェックしていなかったのですが、偶々目にした歌詞。

「悲しみに終わりは無い。幸せにはある」

何と悲しい歌詞だこと・・・・。底抜けに明るいだけではない、意外なぶじらぅ人の一面が現れているよーな気がします。

|

スキャナーよろしく!

事務所で文書等をスキャナーで読ます場合、わての事務所ではコピーする時もそうなのですが、業者から派遣された専任のお兄ちゃんがいる小部屋に持って行って依頼する必要があります。これは無駄なコピーを削減するのに、なかなかの効果があるそうです。なるほどね。

で、わてはこちらに来て以来、日経新聞に載ったぶらじぅ関係の記事はpdfで残しておこう!と思って日々、ぶらじぅの記事を見つけては切り抜いて→pdfにしてます。

で、そのお兄ちゃん、日本語は全然わかりません。なので、新聞の切り抜きを手渡して機械にかける時、たまに、「あれ?どっちが上やったっけ?????」ってなる時があります(笑)。日本語わからんとどっちが上か下か、(右か左か? 爆)確かにわからんでしょうね(笑)。

|

ハルとナツ

すき家で丼をしばいた後、散歩がてらお買い物へ。バッタモノCD・DVDが売ってるところで見つけました。05年10月に放映されたというNHKの特別ドラマ「ハルとナツ」。これって確かぶらじぅ移民がテーマなんですよね?DVD2枚組みで約500円。未だ観ていませんが、こっちに居てる時に観れるとは、ちと楽しみです♪

|

すき家

やっとの思いで?「すき家」に行ってきました!
実はかなり以前から「すき家」がぶらじぅにできる、とのウワサがありました。しかしそこはさすがにぶらじぅ?中々実現されません。「この辺りにできるらしいねんけど・・・」と場所までほぼ固まっているのに。(って、すごいウワサですよね。)それが、やっとのことで?3月9日にオープンになりました。こちらに住む日本人の間で大ニュースになりました。日経新聞にもちょこっと「すき家、ぶらじぅに一号店をオープン」って記事が載ってました。

オープン前はとても行きたかったのに、何故かオープンしてしまうと行く機会が無い・・・って状態でしたが、先日やっと行くことができました。場所はほぼウワサ通り。駐車場が無くって、地下鉄の駅から徒歩1分なので、土日のランチに行くしかないでしょう、といったカンジ。店構え・店内等は日本と同じです。
で、メニューは「トラディショナル」の並がR$8≒400円。味噌汁と小さいサラダをつけたセットがR$12≒600円でした。他には「牛+キムチ」丼、「牛+フェイジョアーダ」丼、「塩豚角煮」丼など、定番やぶらじぅ風などがあるようでした。

今回はもちろん初回だったので「トラディショナル」セットを注文。味付けはこちら風にちと塩辛いのでは?と思いました。並でも日本の1.3倍の量らしいので、量的にはフツーです(苦笑)。
まあ、買い物ついでにランチするには安くて(そこらの定食より安い。)良いと思います。
次回は塩豚角煮丼を是非トライしてみたいと思いまふ♪

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »