« 階段の数え方 | トップページ | お散歩日和(^^)/ »

BRICsの一員

「BRICs」とは言わずと知れた「ぶらじぅ・ロシア・インド・中国」のことで、米大手金融会社のゴールドマン・サックスが発案しました。ですが、実は当初、「B」が加えられる予定は無かった・・・・・。という俗説があるそうです。その俗説の真相は、「2004年にリオデジャネイロでゴールドマンの人が講演した時、現地の司会者が『Bが採用された唯一の理由は、語呂の良い略称を作るためだそうです』と紹介したから」そんなウワサが流れたとのこと。司会者は冗談で言うたんでしょうが、自国の経済に新たに張られたレッテルへの期待と戸惑いも伝わる。。。

以上、日経新聞からの内容です。
確かに、こー呼ばれてどう感じるんやろ?と思いました。追々、「ぶらじぅ人x人に聞いてみました」をやってみたいと思いまふ(笑)。

|

« 階段の数え方 | トップページ | お散歩日和(^^)/ »

ぶらじぅ案内」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。